ゼネコン3社が協業 ロボット施工・IoT分野で技術連携

NewsAMP NewsAMP 2020.10.19

NewsAMP

新製品、新サービス、企業関連の最新情報を、プレスリリースや報道発表資料を元に発信しています。

×
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • B!

鹿島建設、清水建設、竹中工務店の3社は、建設業界全体の生産性および魅力の向上を促進することを目的に、ロボット施工・IoT分野での技術連携に関する基本合意書を締結したと発表した。

同技術連携は、鹿島建設と竹中工務店が2019年12月にスタートさせた同分野での協業の取り組みに清水建設が新たに参画するもの。

対象技術は、施工関連技術のうち、ロボット、機械装置、ソフトウェア、IoT技術に関連するものとし、新規技術の共同研究開発、既存技術の機能向上・改良のほか、実用レベルに達した既存ロボット技術等の相互利用に取り組むとのことだ。

今回の3社協業により、新規ロボットの共同開発や既存ロボットの相互利用を促進することで、研究開発費やロボット生産コストの低減につなげ、施工ロボットの普及加速を目指すとしている。

また、このような最先端技術の利活用は、協力会社の生産性を大幅に向上させ、技能労働者のワークライフバランスの向上や処遇改善、ひいては若年層の入職促進にも寄与し、業界の魅力向上に貢献すると考えているという。

3社は今後、同合意書に基づき協働を進めるとともに、技術連携を広く業界全体に働きかけ、建設業が抱える諸課題の解決に尽力していく方針を示している。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • B!

アンケートにご協力ください

あなたが利用した事があるPayサービスを教えてください。(複数回答可)