マウス操作だけでAIの構築・活用が可能に。クラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」

NewsAMP NewsAMP 2019.02.28

NewsAMP

新製品、新サービス、企業関連の最新情報を、プレスリリースや報道発表資料を元に発信しています。

×
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • B!

MatrixFlowは、2月28日(木)よりクラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」の事前登録を受付開始を発表した。

同サービスは、マウス操作だけでAIの構築・活用が可能なプラットフォームだ。

MatrixFlowは、プログラミング不要で「データの前処理→AIの構築→サービスへの組み込み」を一元管理できるクラウドプラットフォームだ。これにより、数学・統計学の知識やプログラミングの知識を必要とせず、容易にAIを構築することが可能になるという。

AIを構築するためにユーザーが行うことは、データの準備と機械学習アルゴリズムの選定およびハイパーパラメータのチューニングのみとなっている。

なお、オプションとして、機械学習アルゴリズムの選定及びハイパーパラメータのチューニングを自動で行うサービス「AutoFlow」を利用することで、機械学習の専門知識が“全くない”開発者でも、コストを掛けず、容易にAIを構築することが可能だ。

さらに、MatrixFlowが発行するコードを一行埋め込むだけで、各企業が提供している社内外のサービスにAIを組み込んで活用することを可能とし、AIの構築から活用までのシームレスな接続を実現したという。

同社は、AIを構築するためには、数学・統計学、プログラミング、業界や事業についての知識や知見が必要になり、かつ、それらすべてを兼ね備えた人材を育成、または確保することは難しい状況であると考え、サービスの開発に至ったという。

今後は、MatrixFlowをとおして、企業のAI事業展開を支援するとともに、社会全体としてのAI開発の加速、拡大を促す方針を示している。

img:PR TIMES

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • B!

アンケートにご協力ください

あなたが利用した事があるPayサービスを教えてください。(複数回答可)